中古不動産にかける

火災保険のご相談

家を購入された後、経済的に家を守ることができるのは 火災保険がもっとも有効です

最近、全国各地で大型の自然災害が頻繁に発生しています

台風等でご自宅が突如、予想だにしない被害を被るかもしれません

“ 家を購入された後、ご自宅を守るのは家の持ち主である あなた自身です ”

でも家を購入して20年、30年経つと『もう家に価値がないんだから、保険かけてもしょうがない』『火事しか出ないなら必要ない』なんて思っていませんか?

中古不動産にかける火災保険のそんな疑問にもお答えします

火災保険(お住まいの保険)は下記の補償でご自宅をお守りします

※補償の詳細は担当者にお問い合わせください


取扱保険会社:東京海上日動火災保険株式会社

突然襲う地震の被害は火災保険ではカバーできません

(※一部の保険では地震火災費用保険金」をお支払いする場合があります)

経済的な被害が甚大な地震の経済的被害を守るには 地震保険がもっとも有効です

ぜひ一度ご検討ください


『地震保険』は国民の生活の復旧を目的とした 国と民間の共同引き受けの保険です

“地震”、“噴火”、“これらによる津波”を原因とした建物(家財)の被害に対し保険金が支払われます

家(もしくは家財)の損害を元に「生活復旧」のための保険金が支払われます。使用目的は問われません

なお、地震保険の上限は 設定した保険対象の評価額(火災保険設定額)の50%です(下限は30%になります)。


※お見積りには築年数のわかる公的書類(謄本・要約書)が必要です 補償の詳細は担当者にお問い合わせください

空き家の火災リスクは通常の住まいの火災保険と比べて「リスクが高い」と判断されています

その空き家の使われ方によって保険は3種類のどれかになります


詳しくは担当営業にお問い合わせください


( 引受保険会社:東京海上日動火災保険(株))

※ このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点がある場合には、代理店までお問い合わせください。

補償内容の詳細や保険料については

まずはお電話かメールにて ご相談ください

その際、建物の面積がわかる書類(購入時のパンフレット、登記簿謄本 等をご用意ください)

2018年12月作成 18-T06654